私の髪でときめくワタシ

NINa

予約・お問い合わせ

美容室でのトリートメントで満足する為には、目標とする髪から自分にあったトリートメントを選ぶ事。

 

   

美容室でのそのトリートメント、本当にあってますか??

A美ちゃん
いつも美容室でトリートメントしてるって聞いたけどなぜなのー?

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ
OLのA美
OLのA美

そんなの髪のダメージが、気になるからじゃん。。

そうなんだよー。
トリートメントを美容室でもされるって、むしろそれしかないよね

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ
OLのA美
OLのA美

(じゃあ、何故聞いた。。)

じゃあさ、美容室でのトリートメントに満足してるかい?

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ
OLのA美
OLのA美

数日はいいんだけどね、、
その期間くらいかも。満足というより、こんな感じかな?って思ってるかなー

じゃあ、美容室でしてもらってるトリートメントを、見直した方がいいかもね!
もっとA美が喜ぶトリートメント探しをしていこー!

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

こんにちは、このトリートメントについての記事は、西宮でヘアケアと髪質改善にこだわりある美容室、NINaの押目です。

今日は

「わたしの髪を綺麗にする、美容室のトリートメントを見つける方法は、自分の目指してる髪のゴールを決めること」

について書きます。

美容室でトリートメントをしているけど、なんだかしっくりきてないという方は、是非、ごらんくださいね。

これを知ることで綺麗な髪づくりを助け、理想の髪質をめざしやすくなると思います。

トリートメントをしたい、ワタシの理由を知りましょう

春の風景

最初に、間違いなく言える事は

今の自分の髪に不満や不安があるから、トリートメントをされています。

そこで、その不満や不安を、より解消する為に考えていきましょう。

最初に考える事は、不満を明確にし、不安を引き起こしてるなら、その原因を見つける事

「美容室でトリートメントをされてそのダメージは解決されてますでしょうか?」

してるよーー!という方はトリートメントの選び方がマッチしてると思います。

「うーん…」

と思われた方は、今の髪に対する不満を解決するのに、今のトリートメントがあっていない可能性が高いと思われます。

トリートメントを希望されてるという事は、何らかの現状に対する不満があると思いますが、それを知るには

こうなって欲しい!という髪をイメージし(写真などで見つけると、分かり易いですよ)その髪と自分の髪との違いを、是非、言葉に出してみて下さい。

出てきた言葉は一つでしたか?それとも五個くらいありましたでしょうか?

それが解決すると、毎日がもっと髪を通じて素敵になりますよね?ただ漠然とダメージというのではなく、不満を適切な言葉で、細かく知る事が大事だと思います。(そんな難しい言葉でなくていいですよ)

理想となる(ゴールとする)髪があって、トリートメントはその髪を目指す上での手段であり、その中で悩みがはっきりわかれば、悩み解決に適したトリートメントを探しやすくなります。

髪のダメージとはそもそも何?

 

ここで一つ質問です。

先程の話しででた、髪のダメージとはなんでしょうか?

Wikipediaでみると

髪のダメージの部分を、これらの言葉に置き換えると、髪の損害、髪の被害といった感じですよね。

この言葉からだと、髪がカラーやパーマ、コテなどアイロン、紫外線などなど…..

といったイメージが出てきそうですよね!

となると

「ダメージが気になるからトリートメントをしよ!」

というのはマッチして良さそうな気がします。

では、もっと良く普段使う言葉で、もう一度考えてみましょう。

「髪が痛んでるからトリートメントしたい!」

多分、こっちの方がよく使われる言葉だと思います。

『傷む』と『痛む』を調べると

どちらも精神的な苦しみ、打撃を受ける事となっています。(髪は肉体的な痛さを実感しないので、こちらは該当しないですよね)

僕もその通りだと思います。

髪の手触りや質感、またはスタイリングがしにくい、髪に艶があまり感じられないなどなどで精神的に苦痛や悩みを伴い、解決の方法として『トリートメント』を美容室で希望されてるのではないでしょうか?

となると、求めている希望から逆算された、不満や不安は一つではない事がわかってきますよね。

  • 髪に艶がないから
  • 手触りがゴワゴワする
  • 枝毛や切れ毛がある
  • 髪のうねりと乾燥で広がる
  • カラーをした後は、トリートメントをしないとそもそも不安

などなど…

先程、髪の不満を言葉に出してもらったものだったり近いものも、含まれているのではないでしょうか?

そこで、冒頭のテーマに戻ります。

大事なのはトリートメントに

「何を求めているか?」

を明確にする事の大事さが、今度は違って聞こえてきたのではないでしょうか?

OLのA美
OLのA美

なるほどー。わたしの場合は枝毛になりやすいから、枝毛になりにくくしたいわ!あと、トリートメントの重さをあまり感じない自然な手触りがいいわ!

じゃあ油分がないタイプで、枝毛の原因となるダメージでできた髪の空洞を埋めるものにしときますね♪
髪の強度もあがるから、枝毛ができにくくなりますよ♪

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ
OLのA美
OLのA美

最近、枝毛ができなくなって嬉しい

そこから3ヶ月後

あとがき

夕暮れの川

美容室でのトリートメントは、普段ホームケアをされてるにもかかわらず。

期待を込めて、料金と時間もつかっていただいてる

「特別なトリートメント」です。

女性の髪の悩みは多様で、悩みに合わせて組み替えれるトリートメントなどで、美容師は向き合って対応しています。

ただ、やはりトリートメントの多様化は近年、劇的に加速し、美容師にとっても複雑で難しい領域になってきました。

複雑になってきたと同時に、やり方次第で悩みの解決の幅は格段に上がりました。

これからは、パーソナルに髪の悩みに、アプローチできるトリートメントの時代の入り口に、立っている感を美容師の僕は感じています。

せっかくの美容室での

「特別なトリートメント」

で満足していただく為に、まず先に必要と感じたのが、「私の髪の悩みの明確化」でした。

トリートメントを選ぶ際に、髪の悩みをできる限り細かく、美容師さんに伝えてみて下さいね。