私の髪でときめくワタシ

NINa

予約・お問い合わせ

トリートメントは、私の悩みに合わせて選んでいく事が大事

  • この記事は、美容室でトリートメントをしてきたけど、満足につながってなかったり、美容室でのトリートメントメニューを見直したい方向けです。

✅この記事は、西宮市にある、髪質改善やホリスティックカラーを通して、頭皮と髪にできる限り負担をかけず、栄養学と化学を組み合わせ、健康的に美髪を育てる美容室「NINa」の押目が書いています。

今日は、もっとA美ちゃんの髪の悩みを解決していけるように、美容室には、どんなトリートメントがあって、どの美容室を選んだらいいか考えていこうね♪

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ
OLのA美
OLのA美

トリートメントって、自分でも選ぶものなの?💦
いつも美容室でお任せしてた💦

勿論、プロの美容師さんと、相談して決めるのはベストだよ!
だけど、お店によってトリートメントの取り扱う種類なども違ったりするからね♪トリートメントは〇〇美容室で、というように分けて通ってもいいし✨

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

田〇み〇みさん
みたい…

OLのA美
OLのA美

そうそう!
でもトリートメント選びの前に大事な事があって。
そもそも、「トリートメント」が、A美ちゃんの悩み解決に、今1番合ってるか?から考えてみよう!

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

理想とする髪に近づける為の、トリートメントの実際の選び方を一緒に見つけましょう。

[自分の髪を綺麗にするには、目的(ゴール)とする、なりたい髪を認識し、トリートメントを選ぶ事が大事]

とまでは前回のブログでお話しさせていただきました。(見てない方は是非、⬆️の文字をクリックして、先に見て下さいませ)

[そもそもトリートメントをする事だけが、髪の悩みを解決する方法だけではない]

正直、美容師の僕でも

「髪が傷んでるんでるんですよ、、」

と言われると、直ぐに

「トリートメントしましょう!」

と言ってしまいやすいところもあります。

女性は見た目でも髪の痛みを感じる

ここ2年ほど特に感じていたのですが、女性の髪が綺麗や傷んでないという感覚が、美容師の僕とズレを感じる事がありました。

それは、僕の思う、髪が傷んでる傷んでないは、髪質や癖にかかわらず

元々の女性の髪(カラーなどをされていない状態)と比較して、あまり悪くなっていない。

もしくは枝毛などの発生がない。

手触りで薬剤によるゴワつきがない。

根元から毛先までの手触りの差がかなり少ない。

などでした。

ちなみに今もそこはそう思います(笑)

勿論、これを見られてる方も同じように思われる方も多いと思います。

この事に関しては、結論から言ってしまうと

「艶髪ストレートヘアと比較からおきた、自分の髪とのズレ」

が大きいと思います。

実際に、ネットやSNSでストレートで艶々の髪を目にし、いつしか段々と目が止まるようになってきてるのではないでしょうか?

そこに書いてあるのは髪質改善ヘアエステという、それまで目にした事のないフレーズでトリートメントという言葉が説明にたくさん入っている…

そこからあまり気になっていなかった(勿論、元々、髪の癖が気になってた方もいらっしゃいますよ!)自分の髪と、ストレートで艶のある髪との違いが気になってきて、「髪が傷んでる!」と思われてる方が、凄く多いです。

そこでトリートメントを選ばれるという方は、実際にトリートメントをされても、満足に繋がりにくいとなります。

そんな事わかってるよー!となりそうですが、日本人は、緩やかに髪に癖がある方が多いんですよ、、

ここで大事なのは、今の自分の髪よりストレートにしたい場合や、元々の髪で艶が出にくい、もしくは髪には元々の髪にザラつきがある髪の方が、、艶々なストレートヘアにされたいなら。

「トリートメントよりストレートにするメニューの方を先にされる方がいい」

です。

このストレートにするメニューと言っても、実際には縮毛矯正もあれば、もっと弱いストレートメニューであったり、色々あるので、また別に記事にしたいと思います。

「えっ、ストレートパーマ系を殆どの人はした方がいいの??」

といわれそうですが、そうではないです!

ただ、お客様にとっての髪の傷みというのには、髪の毛による精神的な苦痛というのも重要なファクターで、目指す場所に「髪の癖の緩和」が必要であれば、ストレートパーマ系もされた方がいいと思います。

OLのA美
OLのA美

なるほど!確かに友達とも話してても、ストレートヘアの人を見て、「髪が綺麗でいいなぁ〜!」って言ってる事あるかも!

そうそう笑。実際に髪を触ってなくても、そう思う事は割とあるあるだよね♪

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

OLのA美
OLのA美

でも、私は海外風に無造作なヘアスタイルが好きだし♪そこは私の髪のままでいいかも♪

そうだね!A美ちゃんの場合、ファッションなどの好みからしても、今の髪の、ちょっと大きなうねりがあるベースいいよね!

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

OLのA美
OLのA美

じゃあ、私は髪のパサつきとかが気になるのと、カラーを2か月に一回するから、これから髪が扱いにくくならない様な、トリートメントがしたいなーー♪

じゃあ、先ずはトリートメントっていっても、色々なタイプがあるから、そこを説明するね👍

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ


トリートメントの種類は大別すると3つ

猫の写真

トリートメントは大きく分けると今現在、3種類に大別できると思います。トリートメントは2017年を境くらいに、かなりの種類が増え、一気に複雑かつ個性がでてきました。ですが、先ずは大きなくくりで分けて考えてみましょう。

一つの効果に特化してるものもあれば、組み合わさって「〇〇トリートメント」としてブランドの中でシステム化されてるものもあります。

ザックリと分けて目的別に書きますが

ここもまた更に詳しく記事にしていこうと思います。

膨大な種類になるのと、そこまで細かいのは、美容師でも理解が難しいくらいなので

3つのトリートメントを悩みにあわせて、オススメなタイプ別に紹介します

主な悩み)

  • 髪が薬剤(カラーなど)によりパサつきなど、乾燥が気になる
  • カラーやパーマを美容室でするから、その後の手触りやダメージに対して、不安があるから和らげたい
  • しっとりとした手触りが好み
  • 髪の手触りの悪さにともない、変なうねりなどを感じる
  • 髪の中間から毛先にかけて、途中から絡まりやすい

これらに該当される方は

[髪の内部を補修するトリートメントがオススメです]

おすすめな理由としては、薬剤ダメージなどにより髪の内部の潤いをつかさどる水分を保つ箇所や、脂質が失われているからです。

しっとりを感じたい方には油分をいれると、しっとり感が得られやすいです。

トリートメントの仕上がり

ただ、元々髪に脂質ってそんなに多くないので、やりすぎると重く不自然になります。

髪の途中から先にかけて(ダメージが大きい部分)うねりなどを感じる場合、髪の内側が損傷し空洞が多くなる事により、髪がヨレてうねりがでてる可能性があるので、そういった場合にも髪の内部を、トリートメントで埋めていき、空洞を減らすことで、髪が落ち着くという効果も見込めます。

✅美容室でのトリートメントで最も多く、メインとなっているのが、このタイプです。

お客様によっての悩みに合わせ、トリートメントを組み合わせ、アプローチできるというメリットがあります。

組み合わせ方で幅広い髪質と悩みに対応できる、オールマイティー型といえると思います

[該当するトリートメント例]

オージュア、oggi otto、TOKIO

などなど

基本的に何種類かを順番にいれていくトリートメントは殆ど該当していますね


次にご紹介するトリートメントは、ヘアカラーやパーマなど、薬剤などを特に使用されてない方がメインかもしれませんが

主な悩み)

  • アイロン(コテ含む)などを頻繁にする為、ダメージから守りたい
  • ヘアカラーなどをしていても、髪が直毛だったりして、髪にそこまで負担を感じてないが、手触りだけ気になることが多い
  • そもそも髪の中にあまりトリートメントを入れたくない(えっ?って思われる方が多いと思いますが、それはまた別の機会に記事にします)
  • カラーの色持ちをよくしたい(髪の内部ダメージが少ないのが前提となりますが)

上記のタイプの方だと

[髪の外部を補修するトリートメントがオススメです]

外部というのは、手触りや艶。

そして日常生活での髪への負担から、髪を保護するという目的が主な働きとなります。

いわば、これ以上髪を傷ませないが、目的といっていいかもしれません。

髪質改善美容室のヘアスタイル

ところがここは近年、外部補修には、あまり目を向けられてない感があります。

理由としては、外側をトリートメントする=髪をコーティングする。

というイメージでなんだかトリートメントらしくないwというのが理由の一つだと思います。

そして、ヘアカラーをされてる女性が多いので、ヘアカラーでのダメージがある方が、同じくらいいらっしゃるため、髪の内部の補修が欲しいからですね

補修ではなくダメージ予防。

その目的がほとんどと思っていいかもです。

髪のダメージを気にされる方が多いため、こちらを重要視した美容室でのトリートメントは、実際にあまりありません。。

されるとすると、美容室のトリートメントメニューで、ここに該当する役割りのものがあるので、美容室側からだと、そちらのみをチョイスするといった感じです。

オーダーの仕方が難しいかもですが、ダメージ予防だけしときたいとか、キューティクル保護だけ希望。などの言葉で伝えられると、伝わりやすいと思います


では最後の一種類なのですが、近年に需要がのびているトリートメントで、このトリートメントに向いている方は

主な悩み)

  • サラサラとした油分を感じない手触りにしたい
  • 持続力のあるトリートメントをしたい
  • 定期的(1〜2ヶ月以内)に通うから、より髪が綺麗になっていってほしい
  • 雨の日にもう少し、広がりにくくしたい
  • 美容室のトリートメントしたいけど、重い仕上がりに感じている

といった方には

[酸熱トリートメントがオススメです]

酸熱と書いてますが、成分によって熱を使わないタイプのものもあります。

内部補修トリートメントのお話しでは、髪から失われやすい成分に近い成分をいれ、補修するトリートメントなのに対し。

こちらは、髪のダメージの捉え方が違います。

西宮の髪質改善の写真

カラーなどの施術により、髪から失われた成分があるということは、髪にとって、その成分のあった部分は隙間(空洞)ができています。

その隙間を残っている髪の成分と、水分とを結びつけるよう、結合し、髪の強度を作り、疎水性(水と結びつきにくい)へと髪を回復させる回復力が強いです。

疎水性の部分は、雨での広がりにも、大きく影響し、髪のダメージの大きな指標の一つとして、疎水性か親水性かが、トリートメントの効果を表す検証報告や論文などで使われています。

✅僕が色々調べた範囲だと、髪が疎水性であるかどうか?と、毛髪強度(ひっぱり強度)の2つで、トリートメントの効果を使用前と後で示されてる事が多いです。

主要となる成分に、油分がない場合が多く、サラサラとした髪でもあり、弾力などもアップします。

酸熱トリートメントにも、今や沢山のブランドがあり、どちらかというと、お店それぞれで名前をつけられてる為、お客様からすると、どのトリートメントがそれに該当するのか、わかりづらく。

わからない場合は、行きつけの美容師さんに聞かれてみて下さいね。

OLのA美
OLのA美

トリートメントって、そんな色々違うんだ。。

そうだね!
かなり大きな分け方だけど笑、普段はそのかなり大きな分け方より、更に大きい

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

「トリートメント」という言葉だけで、全部の種類と様々な効果の、トリートメントでしか、やり取りをしてないって事のあいまいさも伝えたかったんだよ。

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ

OLのA美
OLのA美

たしかに!私の髪の事だから、私自身ももう少し、美容師さんにちゃんと髪の悩みを伝えてみよう!

そうだね!
美容室でのトリートメントはお客様との二人三脚で、積み上げていくのがベストだと思うよ‼️

美容師ぴよひこ
美容師ぴよひこ


あとがき

 

猫の挿絵

いかがでしたでしょうか?

実際は今日お伝えした「大きく分けたトリートメントの3タイプ」から数限りなく枝分かれしていきます。

そして、トリートメントを通じて髪の悩みを解決していくには、必ず信頼できる美容師さんが必要です。

美容師さんと二人三脚で、履歴などを積み重ねる事が大事だと思っています

そして、お客様自身も自分の悩みを的確にお伝えし、ある程度トリートメントの知識をもたれる事が、髪の悩みを解決する為には、非常にこれから大事になってくると思っています。

何故なら、解決したい髪の悩みは「自分」が一番良くわかっているからですね

例えば、エステサロンで痩身を受けたいと思っていられるとすると思います。

その時に、そのエステサロンではどういった効果のある機械や薬剤を使われてるか?は調べられたりした上で、エステサロンを選ばれているのではないでしょうか?

そして、そのエステサロンでこれからの計画を立てていただき、その悩みを解決したり目標を達成できると思われるかで、通われるかどうかを判断し、お客様になられてると思うのです。

美容室では、カットもして、カラーもして、トリートメントもしてなど、全てができる美容室が多く。

また、実際にどれも大事にしている美容室でも、最近は髪質改善やトリートメント、バレヤージュやハイライトなどのカラーに特化してます!と言われる美容室も多いです。

味噌ラーメンも塩ラーメンも美味しいラーメン屋さんより、塩ラーメン専門店の方がお客様からは選ばれやすいのと同じ感じですね

その中でも髪質改善やトリートメントといっても、考え方や薬剤であったり「半年で髪質改善をする美容室」といったように、期間を設けて結果にコミットする美容室などに、わかれてくると僕は思っています。

僕がさせていただいてるNINa という、西宮にある美容室も、ここを今目指してます

この記事をご覧くださった方に、「トリートメント」というサービスを通じ、自分にとって悩みを解決できる美容室に、巡り会えるようにと思い、今回の記事をかかせていただきました。

今回はトリートメントというメニューに絞ってます

実は、ほんの2年程前までは、お客様は美容室でされるトリートメントは極少数のトリートメントであったり、カラー剤に関してはメニュー名やブランドなどは、殆ど誰も知りませんでした。

しかし、今は〇〇のトリートメントがしたくてお店を選びました!や〇〇のカラー剤を使ってくれるから選びました!など完全にお客様が知識をもって来られる傾向です。

そういった背景の中、トリートメントというテーマで、知識をもたれていく女性向けに、これからの時代を感じ、今回の記事を書いてみました。

美容室でのトリートメントを通じて、より好きになった自分の髪を通して、豊かで幸せな毎日に繋がるキッカケになる事ができたら、大変幸せに思います。